• 居酒屋でのタブレット端末の使い方

    最近、普及がさらに増えつつあるタブレット端末ですが、お店の経営にも使用されるようになってきています。例えば、ホテルでは受付やチェックイン、チェックアウトといった業務をタブレット端末で処理する、といった例があります。今回は、居酒屋での使用方法やそのメリットをご説明したいと思います。居酒屋での業務について、忙しくなりがちなことというと、お客様からの注文を受けることだったり、飲み放題等であればオーダーストップの時間を確認することなどがあります。

    居酒屋のタブレットにまつわる情報をまとめています。

    これを、タブレット端末で処理するようにします。タブレット端末を各席に置き、お客様の方で入力していただく形にすると、スタッフの方から注文を受けに行く必要がなくなります。

    NAVERまとめ情報を、皆様へ配信するサイトです。

    また、オーダーストップの時間なども、端末に表示するようにし、また時間が来たら注文をできなくするなどの処理をするようにすると、これも手間の削減になります。
    このように、居酒屋に端末を導入すると、相当な手間と人件費の削減になることがお分かりいただけると思います。


    導入のコストとしては、各席に置く端末代が席の数掛ける二、三万円ほど、また使用するアプリケーションの開発に数十万円ほどで、大規模の居酒屋だとおよそ百万円程かかる計算となります。



    決して安いコストではなく、導入にはある程度高いハードルがあります。

    ですが、長期的に見て、節約される時間や人件費を考慮すると、結果的には運営のコストを削減することが可能なのです。