• 飲食店でタブレットを用いたオーダーシステムを導入

    飲食店におけるタブレットの活用事例として、顧客の注文を受け付け、厨房まで伝達するオーダーシステムに、タブレットを使用する事例が増えています。

    飲食店のタブレットの情報が必ずあります。

    テーブルには、従来のような紙のメニューが無く、代わりにタブレットが備え付けられています。

    ジョルダンニュース!に関する特集が満載です。

    画面にタッチすると、おすすめメニューや、売れ筋商品が表示され、アニメーションを絡めた演出で視覚へも訴えかけ、販売促進の後押しとなります。
    注文したいメニューにタッチして、数量を決め、最後に決定ボタンをタッチしたところでフロアスタッフがテーブルに向かい、オーダーの最終確認をしてから認証の操作を行えば、注文内容がダイレクトに厨房まで送信され、直ちに料理や飲み物が用意されます。



    これまでに飲食店にありがちだったオーダーミスは、顧客から口頭でスタッフへオーダーされる際の言い間違いや聞き間違い、用紙への記入ミス、さらにフロアスタッフから厨房スタッフへの伝達ミスなど、ミスが誘発される要素が何段階も積み重なっていたのが原因でしたが、タブレットの導入により、オーダーから調理に至るまでのプロセスに、それらの要素を一切挟まないことで、飲食店におけるヒューマンエラーによるオーダーミスが、皆無のものとなりました。

    タブレットを用いたオーダーシステムの導入は、座ってすぐに希望したものを飲食したいと言う顧客の欲求と、スピード感を持って確実にオーダーに応え、客単価や、回転率を上げたい飲食店側の双方にとって、有益な効果を発揮しています。

  • 企業をよく学ぶ

    • 最近、普及がさらに増えつつあるタブレット端末ですが、お店の経営にも使用されるようになってきています。例えば、ホテルでは受付やチェックイン、チェックアウトといった業務をタブレット端末で処理する、といった例があります。...

  • 納得の事実

    • タブレットは様々な目的で使える製品です。その活用方法も多岐にわたるため、ユーザーによって十人十色です。...

  • 注目情報

    • 近年では、パソコンの代わりにタブレット端末を導入する機会が増えています。この端末はパソコンよりも性能で劣りますが、インターネットやメールの送受信、データの管理、その他様々なアプリケーションを使うことができます。...

  • 予備知識

    • ビジネス活動でパソコンを使う機会が増えています。パソコンはネットに繋ぐことで、離れていても情報の送受信を高速で行なえます。...